【外人触手】エイリアンズ、マ◯コを濡らす悪夢


ジェニファー・モンデスは家で一人、出張中の彼氏と電話をしている。二人は下ネタを話し始め、彼の下品な言葉を聞きながら、彼女はパンツの上から体を触っている。突然彼女は「戻ってくるまで待ってほしい、ちゃんとシゴきたいから」と言う。深い眠りにつくと、ジェニファーはスケベな夢を見る。黒くて長いチンポが、奇妙な格好をしながらも、現実の彼女がよがるほど素敵に犯している夢だ。触手は彼女のベッドに這い上がり、彼女が何も気づかないうちに腕にそっと巻きつき、彼女が目を覚ますと同時に、両手を横に引っ張られ固定される。戸惑う彼女の太ももには、もう一本の触手が這い、パンティーに近づいている。ジェニファーはショックを受けるが、触手が彼女のパンティーを脱がせると、これから何が起こるかは想像できる。太ももは汗ばみ、アソコは湿っていて、触手が奥まで入ってくると、彼女は深呼吸をした。数回出し入れされるだけでとろとろになってしまう…。触手は彼女の手を離し、彼女は巨大な乳房を弄り始める。夜が更けるにつれ、彼女のアソコはますます飢え、触手の餌食となり、さらに激しい挿入を欲している。もう一本、二本、三本と挿入していく。3本がまとまった1本の太い触手が彼女の前に立ちはだかる。マンコを貫通し、ザーメンが喉を満たした後、口から顔を覗かせる。最後に彼女は大量のぶっかけを受け、目を覚ます。彼女のシーツは汗でびっしょり、それともただの夢だったのか?