縄の淫花 赤城穂波


本物のマゾ女性を起用した緊縛撮影のドキュメント映像です。実際にマゾ女性を責めながら、厳しく官能的な被虐美を求め、縛りと責めを行います。本作は赤城穂波を撮影したものです。Gカップの肉感的な肢体を清楚な白の薄手のセーターに身を包んだ彼女を柱に縛り付け、猿轡を二重に施します。そしていやらしく胸を強調するように縄をかけていきました。セーターを破かれ、露出してしまった先端や量感のある乳房にさらに縄をかけて、厳しく責めていきます。その後は裸に剥き、その女性的な美しさに溢れた柔らかな体に容赦なく縄をかけます。乳房の色が変わるまで根元を縊(くび)り、パンパンに張り詰めた乳房や先端を男の手がいやらしく嬲っていきます。彼女をさらに恥辱の奈落に堕とすために、秘部を丸晒しにした状態で固縛しました。鋭敏なクリトリスを刺激し、蜜に潤んだヴァギナにバイブ挿入固定し、バイブの動きと連動するように乳首に挟んだ洗濯ばさみとバイブをタコ糸で繋ぎ、逃れられぬ刺激の快楽責めに彼女は体を痙攣させ、カメラの前で達してしまいました。最後は後手に縛った彼女を逃れられぬようにつなぎ、その美しく大きなお尻にロウ涙の雨を降らせ、ロウソクを突き立てました。男好きする美しい女体を責める縄の迫力と彼女の深いマゾ性がお愉しみ頂ける作品です。