日頃のストレスを厳しいM男しばきで発散する港区OL様


今回は29歳の港区OLみちる様によるM男いじめです。彼女は身長162センチ、足のサイズは25センチで、マルボロミディアムを吸われるヘビースモーカーです。彼女が街角でタバコを吸っていたところを声かけしました。声をかけると、有名大を卒業後に港区で働くインテリ系女子であることが分かり、少し驚いてしまい、M男いじめは断られるかと思いましたが、意外と私の話を聞いてくれて、人を見下したい願望をお持ちであると知りました。上司の叱責や面倒な社内ルールに日々ストレスをためていたそうで、後日ありがたくもストレス発散に使っていただけることになりました。港区OL様にいじめていただくのはもちろん初めてで、少し緊張してしまいましたが、みちる様はその緊張をすぐに吹き飛ばすほどのドSの持ち主でした。タバコを吸うために美しい足裏の足置きにされ、早くも勃起してしまい、「これで勃起するんだ」と笑われてしまいます。今まで関わったことのない情けない下等生物の性癖に興味津々で、おかしくて仕方ないようです。足置きにされただけで興奮するようなM男を前に気分が乗ったのか、その後のしつけは厳しくなる一方でした。背中や胸だけでなく、顔面にまで強烈に足裏を叩きつけられてしまいます。こんな聡明な女性がここまで冷酷なのかと思うと、顔や体は痛かったですがアソコはビンビンになってしまいました。それからも足を舐めさせられながらタバコの煙を吹きかけられ、足を強引に口の奥までねじ込まれてしまいます。羽交い締めにされて乳首責めに遭い、喘ぐと太ももに厳しい足ビンタを喰らってしまいます。顔面を足置きにしてソファ代わりにも使っていただきました。最後は「家畜は射精するのが仕事」と言われ、足裏にちんぽをこすりつけるように命じられ、ニヤニヤ笑われながら情けない姿を見られ、美しい足裏に驚くほど大量に射精してしまいました。港区のオフィスで働くようなデキる女性にもM男をしばいて楽しむ性癖が隠れているなんて、この上ない幸せです。