きょうか様に容赦なく痛めつけられ笑われてしまいます


今回は26歳のフリーター、きょうか様によるM男いじめです。きょうか様は身長165センチ、足のサイズは27センチです。マルメンを1日2箱ほど吸われるヘビースモーカーで、可愛らしい雰囲気の方です。きょうか様とはかなり前からの付き合いで、以前職場が同じだった時に関係を持ってから、性欲の強いきょうか様の性処理でたまに呼びだされて会うという感じでした。同僚だった時には自分が変態であることは言い出せずにいましたが、きょうか様の足裏ばかり見ていたことに気付かれ、それを機にドMであることを見抜かれてしまいました。元々Sっぽかった彼女ですが、性癖を知られてからはさらにドSになり、情けないM男を弄ぶのが楽しいようです。しつけ中は、M男を指導する言葉を浴びせられ、彼女好みの犬になるよう矯正されていきます。今回はきょうか様のショッピングにお付き合いしてからホテルに行きましたが、まず歩きまわって蒸れた靴下で顔を踏まれ、タバコを吹きかけられてしまいます。乳首が弱いことは既に抑えられており、肉厚の柔らかい舌で舐められるのがたまりません。きょうか様はディープキスがお好きで、タバコを何本も吸った後のタバコの口臭が染みついた舌を口に突っ込まれると、むせそうになりながらもこれに興奮してしまいます。その後は大きな足で頭や顔を踏みつけられます。顔を踏みつけるのがお気に入りで、情け容赦なく足裏を顔面に何度も叩きつけられ、部屋にはものすごい音が響きます。やられた後は顔が少し腫れるほど強烈な踏みつけですが、そのように冷酷に扱われてもビンビンに怒張しているアソコを見るのが、きょうか様には最高の興奮要素のようです。きょうか様は足舐めに厳しく、足指が性感帯のため、足舐めは厳しくしつけられてきました。好みの舐め方ができた時は良いですが、違う風になってしまった時は叱責されてしまいます。叱責は怖いですが、大きな足指や、指の間をキレイに舐めるのは興奮します。最後は体をソファ代わりにされた後、足裏にアソコをこすりつけるように命じられ、会う前にオナニー済みでしたが、かなりの量を射精してしまいました。きょうか様の足裏にこすりつけさせてもらったのは初めてでしたが、こんな情けない体勢で大量に撒き散らしているのが性癖にハマったようで、射精を爆笑されてしまいます。きょうか様をまんぞくさせられるよう、これからも精進しなければなりません。